湯桶満帆子の水際線情報基地

脱毛器は使用できる部位が決まってい

読了までの目安時間:約 6分

脱毛器は使用できる部位が決まっていて、どこでも脱毛できるわけではありません。ただ、家庭用の脱毛器でもVゾーン脱毛ができる製品があります。エステサロンなどのお店でVゾーンの脱毛するのは気が進まないという人は、家庭用の脱毛器を使って自分で処理するのも良いでしょう。痛みを感じやすく、たいへんデリケートな部位ですから、肌の状態にあわせて出力が調整できる製品を購入するのが良いでしょう。自分で脱毛器を使って処理するメリットというと、脱毛後の満足度は他の自己処理方法と比べると抜群にいいし、脱毛サロンと比べるとコストを抑えられることが挙げられるでしょう。更に言うと、隙間時間を使って自己処理できるということも、脱毛器の利点だと言えるのです。脱毛器を購入するには費用が必要ですし、交換カートリッジが必要な器具もありますが、全身を脱毛することを考えると脱毛サロンより安いと言えます。イーモリジュはイーモという脱毛器の後継機で、旧機種より機能を強化してトリプルショットも可能にしたフラッシュ脱毛器です。美顔器として使えるよう、専用のスキンケアカートリッジが附属していましたし、さらに驚くべきことに、1つのカートリッジで1万8000回照射できてしまうという、もともとコスパの良い製品でしたが、後継機はさらにすごいです。チャージ時間も3秒と、トップクラスとして通用するレベルなので、1回の脱毛にかける時間も短くて、気軽に使えると好評です。そんなイーモリジュですが、その後継機「ケノン」のほうが人気がありますね。家で使える脱毛器具は色んな種類がありますから、どれくらい使用するのか、頻度はどれくらいかなど考えて選んだほうがいいでしょう。中には顔のうぶ毛やVラインなどのアンダーヘアを処理できる脱毛器があったり、肌を美しくする効果も兼ね備えた商品もあります。気軽に持ち運べるものから重いものまでありますし、電池がいらない脱毛器もあれば、反対に電池がいるものまで色々ありますが、じっくり納得するまで脱毛したい!という人は電池よりコンセントにつなぐタイプの脱毛器がおすすめです。光脱毛と呼ばれるフラッシュ脱毛は、エステの脱毛コースに加えて脱毛サロンでも頻繁に使用されている手段です。特殊な光を肌にあてることにより、肌の奥のムダ毛を作り出す発毛組織に働きかけダメージを与えフラッシュ脱毛器には家庭用のものもありますので、自分自身で光脱毛することが可能になるのです。クリニックで受けられるレーザー脱毛に比べれば、痛みは弱いと言えますし、薄く細い毛質でも反応して処理できることが特徴と言えます。自己流での無駄毛処理の場合、毛が埋没してしまって困ってしまうこと、多いですよね。こういった場合、どうにかしてやろうと頑張ってみたりしますが、痕が残り、傷のできた肌に絶望することになるでしょう。埋もれた毛の対策としては、レーザー・光等の脱毛処理をしてもらったり、市販の角質を取り除くスキンケア剤などで「一気に」ではなく「一歩ずつ」皮を薄くして毛がなくなるのを待つのがおそらく最も賢い選択です。その状態で肌のお世話をせずにいるとぽつぽつと黒いシミになってしまう可能性もあります。すべての脱毛器具で、望み通りの効果が得られるわけではありません。価格順で検索して安い脱毛器を見つけることはできますが、本当に脱毛効果があるのかどうか、実際に失敗した例もあるので、納得いくまで調べた上で購入しましょう。信頼できる製品の下位バージョンなどは問題ないですが、それ以外の、ただ安い脱毛器具の場合、痛すぎて、これであちこち脱毛しようとは到底思えないとか、使用時の音が大きすぎてビックリした、この臭いだけはムリという問題点もしばしば指摘されています。安い価格にはそれなりの効果とデメリットがつきものだと思い、よく検討してから購入することが大事です。お風呂対応の脱毛器もあります。お風呂で毛穴が開いてから脱毛器で抜けばそれほど痛みませんし、どんなに抜け毛が飛び散っても後始末はシャワーだけです。一部の脱毛器では早く電池がなくなる場合もあるので、繰り返し使用ができる電池を使用した方がお得だと思います。ソイエやアミューレで知られる脱毛器は、泡脱毛という方式での処理になります。ムダ毛は泡によって絡め取られるため、肌にかかる負担はグッと軽減され、あまり痛くない処理が可能となります。もちろん、どの部位でも可能というわけではありません。方法としては毛を挟むといったものなので、痛いのが苦手、という人にはあまりおすすめできません。そして、毛を抜いた後の問題点としては大抵の人に肌の赤味が見られます。家庭用脱毛器として販売されているものの中には、いずれカートリッジ交換をしなくてはいけないものもたくさんあるため、買う時に気をつけなくてはならないでしょう。維持費のことも考慮して購入しないと脱毛が容易ではなくなります。けれども、カートリッジを交換する必要の無い脱毛器が利点が多いのかと問われると、本体の交換が必須になってくるため、使用する頻度が高いと金銭面で損だと考えられます。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報