湯桶満帆子の水際線情報基地

脱毛器を選ぶとき人気の高いものに目がい

読了までの目安時間:約 7分

脱毛器を選ぶとき、人気の高いものに目がいくかもしれませんが、人気があるからといって効果においても素晴らしいなんてことは、簡単に言えません。有名人の声をクチコミとして採用していたり、目をひくCMなどで売り上げを伸ばしているケースもありますし、レビューをよく見てみると(※芸能人のブログは除くこと)、「買わなくて良かったな」と思えるほど酷評されていることもあるのです。有名だからとか、よく売れているからという理由ではなく、その効果だけを念頭に置いて購入するのが良いでしょう。安易に選んでしまうと、あとでがっかりすることになってしまうでしょう。一般的に、医療脱毛の場合には脱毛サロンとかエステと比較して施術を受けるのが少ない日数で行えます。どのレベルで満足するかにも左右されますが、通常は6回ほど施術をしてもらえば納得のいく状態になるはずです。複数回まとめて契約する方が低価格で施術を受けることができるケースが多いので、目安は6回ほどにして施術を受けるといいかもしれません。フラッシュ脱毛が光脱毛と呼ばれていることはよく知られていますが、脱毛サロン、更にはエステの脱毛コースでも主流とされている方法です。肌に特殊な光を照射して、皮膚の奥にあるムダ毛を作り出している細胞組織にダメージを与えます。光脱毛器は家庭用のものもありますから、自分の手で光脱毛することもできるのです。レーザー脱毛より少ない痛みで、色の薄い細い毛でも反応しやすいというところが特徴と言えるのではないでしょうか。体毛を自分で何とか処理しようとすると、たくさん埋もれ毛になってしまったりしますよね。何とかならないか、と無駄にあがいたりすれば、何ともならず、ただ肌を痛めつける結果に終わってしまうでしょう。このような毛は、エステや医療レーザーなどに任せてしまうか、自分でするとしても、軽いピーリングなどに留めておいてとにかくちょっとずつ取っていくことが急がば回れ、つまりは吉だということでしょう。ほったらかしにしてしまうと、毛穴周辺が黒くなる原因にもなるので注意が必要です。脱毛を電気シェーバーですると、手軽にできて、ほとんど肌の負担がありません。エステの脱毛や脱毛サロンの前の自己処理にシェーバーをおすすめされることもよくあるでしょう。ただ、全然肌に負担をかけないというものでもないため、しっかりとしたアフターケアをするようにしましょう。イーモリジュはかつて楽天で57週間連続1位をキープしていた脱毛器です。イーモという機種の後継機にあたり、旧機種の取り回しのしやすさはそのままに、さらに高い出力と、3連射ができるようになったフラッシュ脱毛器です。美顔器としても使えるスキンケアカートリッジが同梱されていて、脱毛器としても1つのカートリッジで約1万8000回も照射できるなど、もともとコスパの良い製品でしたが、後継機はさらにすごいです。約3秒でチャージが済むので、ムダ毛の処理にかける時間が短くなったのは嬉しいことです。いまはもっと機能を強化した後継機(ケノン)が発売されていて、そちらのほうが連射機能や使用部位の多さもあって、人気が高いです。イスラエルで開発されたセンスエピシリーズは、世界中で180万台以上の出荷台数を誇る家庭用のフラッシュ式脱毛器です。光脱毛器のカートリッジは消耗品ですが、センスエピなら交換不要で5万回使用できるため、トータルコストがわかりやすいという評価もあります。出力は5段階調整可能で、搭載されたスキンセンサーが照射に適した肌色かどうかチェックしてくれるので、肌トラブルを避けやすいですね。フェイシャル脱毛にも安心して使用することができます。センスエピシリーズはどれも握りやすく、とくにセンスエピGは小さい本体が特徴。スイッチも押しやすいところにあるので、首筋や自分で見えない位置でも位置を選ばず脱毛しやすいと言われています。ただ、照射面積が小さいため、大きめヘッドの脱毛器と比べると、広い範囲の処理は時間がかかります。この価格帯では広さと細かさの両方に対応するのは難しいと思いますので、特徴を考慮した上で購入するのがいいでしょう。ツーピーエスはお店並みのハイパワーの施術ができる家庭用のIPL脱毛器で、出力を調整できるから、デリケートゾーン(アンダーヘア)の脱毛も無理なく自分でできてしまいます。美肌ケア用のカートリッジ(別売)を使えばサロンに行かなくても手軽にエステ効果が得られます。カートリッジひとつで132000回照射できるので、1回当たり0.05円と比較的リーズナブルに全身用の脱毛器として使用できるでしょう。8段階のパワー調節が可能なので、脱毛しにくい毛質の方や、刺激に弱い方でも無理なく脱毛できるといった点も評価されています。脱毛をサロンで行うか、脱毛器を購入するかどちらが良いかといいますと、人それぞれの状況に合わせるのが最善です。サロンに定期的に通うことが苦でないなら、ちょっと手間のかかる脱毛器より、サロンで頼んだほうが楽でしょう。自分の好きなタイミングで脱毛したいなら、脱毛器を利用をおすすめいたします。ムダ毛の処理を効果的に行う脱毛器は安いものはないかもしれませんので、慎重に選びましょう。痛くない、刺激のない脱毛器はないと言われますが、パナソニックが販売しているソイエという脱毛器は光や電気で毛根に作用するのではなく、ムダ毛をからめとって抜くタイプなので、個人差もありますが、痛いです。普段から毛抜きで抜いている人なら簡単に出来て良いかもしれません。でも、毛抜きなら痛みを加減しながら抜くことができますが、血が出たり、再発毛してきたときに埋没毛が出来て、自分には合わなかったのかもというデメリットもあるようです。もっとも、ロングセラーのシリーズなので、過去に使ったことがある人は多いはずです。抜くのを繰り返すことによってムダ毛が抜けやすくなり、だんだん楽に脱毛できるようになってくるという人もいます。痛みがあまり気にならない方なら使用できるかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報